コンテンツにスキップする

米財務長官:公的資金返済時期は金融システムの状況など考慮-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ、オンライン版)が21日報じたところによると、ガ イトナー米財務長官は、金融機関による公的資金返済の是非を決める 基準は個々の銀行の経営状況だけではないとの考えを示唆した。

ガイトナー長官はWSJ紙とのインタビューで、返済の可否を判 断するに当たり、金融システム全体の状況や信用の流れを考慮する必 要性など、幾つかの幅広い方針を提示。「金融システムが安定してい るだけでなく、経済活動収縮の深刻化をもたらさないことを確認した い。景気回復を支援できるような十分な資本を備えることが望まし い」と述べた。

Editor:Akiko Kobari

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE