コンテンツにスキップする

インド株(終了):下落-業績懸念でタタ・コンサルタンシー安い

インド株式市場では、指標のセ ンセックス30種指数が下落。インフォシス・テクノロジーズが15日 に減収減益見通しを示したことを受け、タタ・コンサルタンシー・サー ビシズの利益が市場予想を下回るとの観測から売りが膨らんだ。

インド最大のソフトウエア開発企業、タタ・コンサルタンシー (TCS IN)は2%安の561.40ルピー。同社は20日に決算を発表 する。

一方、国内2位の公益事業会社、リライアンス・インフラストラ クチャー(RELI IN)は5.7%高の696ルピー。傘下のリライアン ス・パワーが同国中部での発電所建設向けの資金調達が完了したとの 一部報道がきっかけとなった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比

43.59ポイント(0.4%)安の10979.50で引けた。この日は方向 感のない展開だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE