コンテンツにスキップする

チャイナ・モバイル1-3月:5.2%増益、経費増で予想下回る(2)

世界最大の携帯電話会社、チャイ ナ・モバイル(中国移動)の2009年1-3月(第1四半期)は、前年 同期比で5.2%増加したが、市場シェアを維持するための経費増加が 響き、市場予想を下回った。

香港証券取引所への届け出によれば、純利益は252億元と、前年 同期の239億元から増加。ブルームバーグのアナリストを対象にした 調査中央値では265億元(5人)と予想されていた。営業収入は9.2% 増の1013億元。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)の業績見通しによれば、チャ イナ・モバイルの09年通期利益は1107億5000万元と、08年の1128 億元を下回り、10年ぶりの減益となる可能性がある。景気減速に加え、 小規模の競合他社による高速データ通信サービスで過当競争となり、 売り上げが伸び悩むことを理由に挙げている。

決算発表は通常取引終了後だった。チャイナ・モバイル株の20 日終値は前週末比0.4%高の74.30香港ドル。年初来では4.5%安とな っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE