コンテンツにスキップする

チャイナ・テレコム1-3月:27%減益-携帯電話事業費用で(2)

中国の固定電話最大手、チャイ ナ・テレコム(中国電信)が20日発表した2009年1-3月(第1 四半期)決算は、前年同期比27%減益となった。携帯電話サービス の加入者を増加させるための費用がかさんだ

同社が香港証券取引所に提出した資料によれば、回線使用料を 除いたベースで純利益は47億元と、前年同期の64億7000万元か ら減少。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト3人の予想 中央値(41億元)は上回った。営業収入は15%増の509億元だっ た。

チャイナ・テレコムは、携帯電話を購入する際の補助金を増や しているほか、高速データ通信サービスも提供している。同社は08 年、チャイナ・ユニコム(中国聯通)から携帯電話事業の1部門を買 収した。王曉初会長は、固定電話事業での売り上げの落ち込みをカバ ーするため、携帯電話事業の加入者を2倍余りに増やす方針だ。

原題:China Telecom Profit Falls on Mobile-Unit

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE