コンテンツにスキップする

豪フォーテスキュー:中国政府系ファンドと鉱山投資で交渉-豪紙

オーストラリア紙エイジは、豪フ ォーテスキュー・メタルズ・グループの創業者、アンドルー・フォレ スト氏が、ピルバラ鉄鉱石鉱山拡張に向けた数十億ドル規模の投資に 関して、中国の政府系ファンド(SWF)と交渉を進めていると報じ た。匿名の情報源の話として伝えた。

同紙によると、フォレスト氏は17日夜、海南で開かれたボアオ (博鰲)アジアフォーラムで中国投資公司(CIC)の楼継偉会長と 会食。同紙は、フォレスト氏が18日にCIC幹部の白暁晴氏と協議 するのを目撃したとしている。

フォーテスキューは2月に、中国のSWFと資金調達に関して協 議中であることを明らかにした。事情に詳しい関係者3人は同月24 日、CICが約30億ドル(約3000億円)の投資に関し、フォーテ スキューと交渉中であると語った。CICの運用資産は約2000億ド ル。

フォーテスキューの広報担当者、キャメロン・モース氏は20日、 パースからの電話インタビューで「フォーテスキューは折りに触れて さまざまな企業と交渉しており、それらの交渉は本来、極秘に行われ ている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE