コンテンツにスキップする

トヨタ:09年度国内生産300万台割れへ、正社員雇用に影響も-読売

21日付の読売新聞朝刊は、トヨタ 自動車の2009年度の国内生産台数が280万台前後になる見通しである ことが20日明らかになった、と報じた。国内生産の300万台割れは 1978年度(約289万台)以来31年ぶりで、ピーク時の07年度(約 426万台)より3割以上落ち込む。トヨタは「国内生産300万台」を 国内正社員の雇用維持に必要な水準と位置づけており今後、社員の雇用 に影響が及ぶ可能性もある、とも同紙は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE