コンテンツにスキップする

米国株(17日):上昇、消費者マインド指数の改善を好感

米株式相場は上昇。週間ベー スでは6週連続の上げとなった。銀行持ち株会社のBB&Tが住宅 市場は安定化しつつあると述べたほか、午前に発表された4月の米 消費者マインド指数が予想を上回ったことから消費関連株に買いが 集まった。

BB&T、ウェルズ・ファーゴ、さらにモルガン・スタンレ ーはいずれも上昇。S&P500種株価指数の金融株価指数は1.3% 値上がりした。玩具のマテルは6年ぶりの大幅高を記録した。1- 3月期の同社「バービー人形」の売り上げは18%増加した。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株 価指数は前日比0.5%高の869.60で終了。ダウ工業株30種平均 は5.90ドル高の8131.33ドルで終えた。ラッセル2000指数は

1.2%高。

ボストン・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、ジ ェームズ・ガウル氏は「一部金融機関が予想以上に好調な決算を発 表したことから、金融システムをめぐる不安はある程度落ち着きつ つある。株価は夏にかけて、かなり大幅に上昇するだろう」と語っ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE