米GM債の保証コストが2日連続上昇、破たん懸念で-CDS取引

31日のクレジット・デフォルトス ワップ(CDS)市場では、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(G M)の社債保証コストが2日連続で上昇した。GMが債務を削減でき なかった場合、破たんに追い込まれるとの懸念が広がった。

CMAデータビジョンによれば、GM債の前払い保証料率は3.5 ポイント上げて85%。これはGM債1000万ドルのデフォルト(債務 不履行)に対する5年間の保証料が年間5%(50万ドル)に加えて、 前払い分として850万ドルかかることを意味する。フォード債の前払 い保証料も2ポイント上昇して71%となった(CMA調べ)。

CMAによれば、北米の投資適格級企業125社で構成するマーク イットCDX北米投資適格指数(シリーズ12)のスプレッドは約4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し197bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE