カナダ・ドル:3四半期連続で下落、リスク回避姿勢が根強い

31日の外国為替市場では、カナ ダ・ドルが小動きで終了し、1-3月(第1四半期)は3.4%安と、3 四半期連続の下落となった。株価が同期間に下落したことや、リセッシ ョン(景気後退)の深刻化懸念で投資家のリスク選好が低下したことが 背景にある。

RBCキャピタル・マーケッツのチーフ・テクニカル・アナリス ト、ジョージ・デービス氏は「ここ数カ月程度にわたって投資家が注目 した最大の懸念はリスク回避だ」と指摘し、「株式相場は売り圧力にさ らされ、カナダ・ドルも軟化した」と指摘した。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時24分(日本時間4月1日午 前5時24分)現在、前日比ほぼ変わらずの1米ドル=1.2615カナ ダ・ドル(1カナダ・ドル=0.7927ドル)。米ドル安や株価上昇を受 けてカナダ・ドルは上昇する場面もあった。30日は1.2624カナダ・ ドルだった。

2008年10-12月(第4四半期)は12.7%安、08年7-9月 (第3四半期)は4%安だった。昨年末は1.2188カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE