米ゴールドマン:ヘッジファンド運用者のカーハート氏らが退社

米ゴールドマン・サックス・グルー プのクオンツ運用グループの共同責任者でヘッジファンドの「グローバ ル・アルファ」の運用者のマーク・カーハート氏(43)とレーモンド・ イワノースキ氏(42)が31日、退社した。

両氏とともに、同部門調査担当共同責任者のジョルジオ・デサンテ ィス氏も退社した。ゴールドマンの広報担当のアンドレア・ラファエル 氏は同日、3人の退社を確認したが、それ以上のコメントは控えた。

ゴールドマンの資産運用部門の顧客向け文書によると、カーハート 氏とイワノースキ氏の後任には、クオンツ・グループで最近まで戦略責 任者を務めていたカティンカ・ドモタフィ氏が就任する。ケント・ダニ エル氏とビル・ファロン氏、ロバート・ジョーンズ氏がドモタフィ氏を 補佐する共同投資責任者となる。

クオンツ・グループが運用していたグローバル・アルファは、運用 損失で顧客の解約が増える前までは同社最大のヘッジファンドだった。 運用資産は2007年に120億ドルでピークを打っており、昨年半ばには約 25億ドルに減少していた。クオンツ・グループはコンピューター・モデ ルを駆使して売買する証券を選択していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE