NY金:反発、ドル下落で需要増、2四半期連続で上昇-925ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。 四半期ベースでは2四半期連続で上昇した。ドルの下落を受け、代 替投資先としての金への魅力が強まるとの見方が広がった。

主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は一時

0.9%下落、3日連続の上昇に歯止めが掛かった。金とドルは逆相関 関係を維持している。金連動型ETF(上場投資信託)としては最 大の「SPDRゴールド・トラスト」のウェブサイトによると、同 ETFの金保有量は年初来45%増と急拡大している。

UBS(ロンドン)の金属担当首席ストラテジスト、ジョン・ リード氏は31日付リポートで「ドルの長期的見通しを懸念する投資 家にとって、金先物は魅力ある投資先かもしれない。準備通貨とし てのドルを遠ざけようとする動きが予想されるなかで、金のパフォ ーマンスは非常に高まる可能性がある」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場6月限は前日比7.30ドル(0.8%)上げ、1オンス=925ド ル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE