OECD:ロシア経済、今年はマイナス5.6%成長へ-来年はプラス

経済協力開発機構(OECD) は31日、ロシア経済が今年マイナス5.6%成長になるとの見通しを示 した。世界的な経済危機で需要が抑制され、原油相場が下落するとの見 方が背景。

OECDの報告書によれば、2010年のロシア経済成長率は、原 油価格次第となるものの、プラス0.7%に回復するという。

報告書は、ロシアのインフレ率が今年は8%と、昨年の13.3% から低下すると予想し、需要減退と投資家によるロシアからの資金引き 揚げを反映すると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE