中央三井:国内株投信など2482億円売却、損失1131億円も圧縮を優先

中央三井トラスト・ホールディン グスは31日、傘下の中央三井信託銀行が保有する国内株式の投資信託 など2482億円を売却したと発表した。1131億円の売却損が生じ2009 年3月期で671億円の純利益下押し要因となる。含み損を積極処理し て株価に左右されにくい財務体質への転換を図る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE