香港株(午前):上昇-不動産株や銀行株高い、住宅需要に楽観観測

午前の香港株式相場は上昇。ハン セン指数はこのままいけば、月間ベースの上昇率が昨年4月以来で最 大になりそうだ。不動産株や銀行株が高い。香港の住宅需要が回復し ているとの楽観的観測が広がった。

不動産開発で香港4位のハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、 101 HK)は1.6%高。1-3月(第1四半期)の香港高級住宅価格の 上昇を好感した。中国建設銀行(939 HK)は2.6%高。張建国社長は、 米銀バンク・オブ・アメリカとシンガポールのテマセク・ホールディ ングスが保有する建設銀株を今後も維持するとの見通しを示した。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前日比0.3%高の13496.10。今月これまでの上昇率は5.3%で、昨年 4月以来の大幅高。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1% 高の7988.83。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE