国連FAO事務局長:信用収縮による食料高騰に警鐘-WSJ紙

米紙ウォールストリート・ジャー ナル(WSJ、オンライン版)は30日、食品メーカーや農家が世界的 な信用収縮による打撃を受け、昨年の食料高騰が繰り返される可能性 が高いとの見通しを報じた。国連食糧農業機関(FAO)のディウフ 事務局長の話として伝えた。

同紙によると、ディウフ事務局長は記者団に対し、食料価格は下 落したものの世界の栄養不良の人の数は増加していると述べた。栄養 不良の人の数が10億人を超え、2007年の約9億6300万人から増加す る可能性があり、食品メーカーや農家への融資不足により増産が進ま ず、状況は悪化する恐れがあるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Takeshi Awaji 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE