NY原油時間外:月間上げ幅、昨年6月以来に-各国の景気刺激策期待

ニューヨーク原油先物相場はアジ ア時間31日の時間外取引で上昇。3月は月間ベースで昨年6月以来の 上げ幅を記録しそうだ。各国政府の追加景気刺激策で世界経済が浮揚 し、燃料需要が増加するとの期待が強まった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は一時、

1.7%高の49.24ドルを付けた。シンガポール時間午前11時42分(日 本時間午後零時42分)現在、49.17ドルで推移している。前日の通常 取引は3.97ドル(7.6%)安の48.41ドルで引けた。株安を嫌気して過 去4週間で最大の下げとなった。終値としては18日以来の安値で、2 日以来最大の下げ。

ガイトナー米財務長官が銀行不良資産買い取り案を発表したこと を受けて、原油先物価格は今月9.9%上昇した。

シンガポールのエネルギーコンサルタント会社パービン・アンド ・ガーツのシニアプリンシパル、ビクター・シャム氏は、「今年は今 後、各国の景気刺激策の効果が出てきそうだ。そうなれば、世界経済 が上向き、需要にもプラスのインパクトを与えるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE