ドルは長期間弱含む公算も、FRBの米国債購入で-JPモルガン

米銀大手JPモルガン・チェースに よると、連邦準備制度理事会(FRB)による米国債購入に伴い、米国 の実質利回りが欧州の水準を長期間にわたって下回るため、ドルは長い 間、弱含む見通しだ。

JPモルガンは27日付のリポートで、「欧州中央銀行(ECB)が 何を追求しても、FRBが最終的に規模と範囲でECBの計画をしのぐ だろう」とした上で、このため「米国の利回りは長期にわたって欧州を 下回り、ドルは弱含む」ことになるとの見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子  Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Neil Maclucas in Zurich at +41-44-224-4112 or nmaclucas@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE