英バークレイズ:資産保証スキーム利用見送りを正式決定-利益ない

【記者:Jon Menon】

3月30日(ブルームバーグ):英銀3位のバークレイズは政府の資 産保証プログラムの利用を見送ることを決定した。英金融サービス機 構(FSA)はストレステスト(健全性審査)の結果、バークレイズ に増資の必要はないとの判断を示していた。

バークレイズは発表資料で、資産保証プログラムへの参加につい て、「投資家や預金者、顧客の利益にならないと判断した」と説明した。

同行が先週発表したところでは、FSAは資産審査の結果を踏ま えて、世界的な金融危機が悪化した場合でもバークレイズには十分な 資本があると結論付けた。バークレイズは財務強化を図るため、上場 投資信託(ETF)部門、iシェアーズの売却交渉を進めている。

NCBストックブローカーズ(ロンドン)のアナリスト、サイモ ン・ウィリス氏は「バークレイズは差し当たってFSAから健康証明 書を手に入れた。iシェアーズの売却価格次第では、当面必要な資本 は十分かもしれない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE