ノルスク・ハイドロCEO:世界のアルミメーカー、7割が採算割れ

欧州2位のアルミニウムメー カー、ノルウェーのノルスク・ハイドロは30日、現行の相場水準で は、アルミメーカーの最大70%が採算割れの状態にあるとの見方を 示した。

ノルスク・ハイドロのスベイン・リチャードブランツェ最高経 営責任者(CEO)はオスロでインタビューに応じ、需要の改善が始 まった「兆しはない」と述べた。ブランツェ氏は同日、2001年から CEOを務めたエイビンド・レイテン氏の後任に就任した。ブランツ ェCEOによると、工業用需要は平均30%減少しており、一部の製 品では最大70%落ち込んでいる。

同CEOは「最近では生産能力の50%をはるかに上回る分が損 失につながっている。恐らく世界の生産能力の70%ほどが採算割れ の状態だ」と指摘。中国による300万トンの減産に続き、欧米の生 産会社が生産能力をさらに最大200万トン削減すれば、漸く「適正 な需給バランス」が達成されるとの見通しを示した。アルミ相場は2 月に7年ぶりの安値まで下落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE