豪ドルとNZドル:1-3月は下落へ-欧米景気懸念でリスク志向減退

外国為替市場では、米ドルに対す るオーストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドル相場が1- 3月期はそれぞれ下落となりそうだ。欧米の景気低迷が深刻化してい るとの懸念から、リスク志向が減退しているためだ。

米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーが 新たな期限までに再建策の全面見直しをできなければ追加支援はな いとの米政府の発表や最上級格付けを付与されていたアイルランド の格下げを受け、豪ドルとNZドルは今月これまでの上昇分を失った。 また、豪準備銀行(RBA、中央銀行)は31日、同国経済が今年リ セッション(景気後退)に陥る可能性に初めて言及した。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の上級市場ス トラテジスト、トニー・モリス氏(シドニー在勤)は、「欧州は財政 や経済、銀行の問題への懸念から引き続き注目される一方、米自動車 産業は明らかに大詰めを迎えているようで、連邦破産法11条に基づ く会社更生手続きの適用申請の可能性が高くなっている」と指摘。 「人々はリスクを取らないようにしている」と語った。

シドニー時間31日午前11時47分(日本時間同9時47分)現在、 豪ドルは1豪ドル=0.6818米ドルと、前日遅くのニューヨーク市場で 付けた同0.6814米ドルから小動き。昨年12月31日は0.7026米ドル だった。このままいけば、3四半期連続の下落となる。NZドルは1 NZドル=0.5642米ドル。前日のニューヨークでは0.5634米ドル、 昨年末は0.5792米ドルだった。4四半期連続の値下がりとなりそう だ。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE