ベネズエラ大統領:原油価格低迷で開発資金調達は日中に期待

ベネズエラのチャベス大統領は 30日、アルジャジーラ・テレビのインタビューで、原油価格低迷が続 く限り、同国は開発資金を政府基金の取り崩しで賄うだけでなく、日 本と中国からの資金に依存することになろうと語った。

ベネズエラ情報通信省が電子メールでインタビュー内容を公表し た。発表によると、チャベス大統領は中国との合弁事業で今年60億ド ル(約5900億円)の追加資金を調達するほか、日本がオリノコ油田へ の投資を計画していると述べた。

同大統領は「日本がベネズエラのエネルギー部門に投資するのは 初めてとなる。われわれの政策によって、世界の経済危機でもベネズ エラは磐石だ」と自信を示した。

原油価格が昨年7月以来、65%下落していることから、ベネズエ ラ政府は今年の予算を6.7%削減したほか、売上税引き上げに追い込 まれた。ベネズエラは輸出の93%を原油に依存している。

チャベス大統領はカタールのドーハで30日に開かれた南米・アラ ブ諸国サミットに出席した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE