米モルガン・スタンレーCEO:09年は「厳しい年」に-社内会議

米銀持ち株会社モルガン・スタン レーのジョン・マック最高経営責任者(CEO、64)は30日、同社と シティグループ傘下スミス・バーニーの従業員に対し、2009年は「厳 しい年」になり、利益は長期目標から程遠い水準にとどまるとの見通 しを示した。

マックCEOは、両社の従業員との電話会議で「09年は、全社的 に厳しい年になる」と指摘。主な理由として、以前からの不良資産が 業績を圧迫し続けることを挙げた。

同CEOはまた、他行の最高経営責任者(CEO)とともに出席 した先週のオバマ大統領との会合で、財務省から昨年10月に受けた融 資を返却するのに適切な時ではないと表明したことを明らかにした。 モルガン・スタンレーは金融安定化策に基づく公的資金枠から100億 ドルの支援を受けている。

同社の広報担当ジェームズ・ウィギンズ氏は電話会議に関するコ メントを控えた。

マックCEOは従業員に対し、米国民は仕事や住宅を失ったこと に怒りを感じており、その怒りはウォール街に向けられていると指摘。 もっともな怒りもあるとして、「われわれは全員が間違いを犯した」と 語った。その上で、オバマ大統領とガイトナー財務長官、サマーズ国 家経済会議(NEC)委員長は、ウォール街の報酬課税または減額の 取り組みに従業員が懸念を抱いていることを認識していると述べた。

さらに1月に発表されたモルガン・スタンレーとスミス・バーニ ーとの合弁事業計画については、進展が見られており「比較的早い段 階で実現する可能性がある」と説明。今月発表されたモルガン・スタ ンレーと三菱UFJフィナンシャル・グループによる日本の証券事業 の統合も、同合弁事業に恩恵を与えるはずだとの見通しを示した。

-- Editor: Steve Geimann, Alec McCabe.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Christine Harper in New York at +1-212-617-5983 or charper@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alec McCabe at +1-212-617-4175 or amccabe@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE