資生堂:今期予想再び下方修正、国内化粧品低迷などで減益幅拡大(2

化粧品国内最大手の資生堂は31日、 今期(2009年3月期)の連結純利益が前期比41%減の210億円になりそ うだと発表した。従来予想は同15%減の300億円だった。消費マインド の冷え込みで1月以降も国内化粧品の売り上げが当初見込みよりも減少し、 粗利益が落ち込んだことなどが響いた。

国内化粧品の販売低迷に加え、会計処理の一部変更に伴う費用増加 も負担となった。欧州でも美容院向けへアケア商品を手掛ける子会社の販 売が振るわなかったほか、為替の影響もあって減損損失を計上したことも 最終利益を押し下げた。ただ、1株当たり25円とする期末配当予想は変 更しない。年間では50円。

売上高は6900億円(従来予想は7000億円)、営業利益は480億円 (同570億円)にそれぞれ下方修正した。今期予想を収益とも下方修正 したのは1月29日に続いて2度目。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE