【5%ルール】米キャピタルR、英シルチェスター、大塚製薬

31日確認した大量保有報告書 の主な状況は以下の通り。受け付けは各財務局。

大塚製薬:グループ全体でアース製薬(4985)株式の保有比率を

25.62%から26.71%に増やした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・リミテッ ド:タカラスタンダード(7981)株式の保有比率を8.83%から7.77% に減らした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・リミテッ ド:チヨダ(8185)株式の保有比率を5.50%から4.99%に減らした。

シルチェスター・インターナショナル・インベスターズ・リミテッ ド:バンダイナムコホールディングス(7832)株式の保有比率を14.97% から13.95%に減らした。

キャピタル・リサーチ・アンド・マネジメント・カンパニー: グループ全体でソフトバンク(9984)株式の保有比率を10.10%か ら11.13%に増やした。

ブランデス・インベストメント・パートナーズ:小野薬品工業(4528) 株式の保有比率を6.29%から5.28%に減らした。

オッペンハイマーファンズ:竹内製作所(6432)株式の保有比率を

6.03%から4.94%に減らした。

一般社団法人スレンダー:ヤフー(4689)株式の保有比率を

8.52%から9.70%に増やした。保有目的は、「借株(現金担保付株 式貸借取引)による保有」としている。

三菱商事:ジェーシー・コムサ(2876)株式の保有比率を6.32% から4.13%に減らした。

住友電気工業:協和エクシオ(1951)株式の保有比率を5.16%か ら4.89%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE