米大統領:GMとクライスラーへの破産法適用を最有力案に-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャ ーナル(WSJ)は、オバマ米政権が米自動車メーカー、ゼネラル・ モーターズ(GM)とクライスラー再建に関する最有力案として、破 産法の適用を考えていると報じた。破産法適用を通じて、債務や退職 者向け医療基金への拠出などの問題に対処する計画だという。

同紙は匿名の政府当局者の話を引用し、破産法適用を図った場合、 GMとクライスラーは「優良」資産の部分と「不良」資産の部分に分 割されることになると伝えた。当局者らは、GMの「優良」部分のみ を独立させたい考えだという。

同紙によれば、GMの「優良」部分にはシボレーやキャデラック などのブランドが含まれる公算。一方、クライスラーの「優良」部分 はイタリアのフィアットに売却されるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bill Koenig at +1-248-827-2943 or wkoenig@bloomberg.net

1045577Z <Equity> GM <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE