グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。銀行の収益が悪化するとの懸念を背景に、 指標のハンセン指数は3週間で最大の下げを演じた。

中国建設銀行(939 HK)は9.6%安。2008年10-12月(第 4四半期)の減益が嫌気された。中国のアルミニウム大手、中国アル ミ(チャルコ、2600 HK)は1-3月(第1四半期)が赤字になる との見通しを示し12%安と急落。原油安を受けて中国海洋石油(C nooc、883HK)も安い。

サムスン・インベストメント・トラスト・マネジメント(香港)の ポーリーン・ダン最高投資責任者(CIO)は「過去1週間に強気相 場が始まったとは思わない」として、「海外の環境は引き続き非常に 流動的だ。銀行セクターには依然として解決すべき問題が幾つもあ る」と指摘した。

ハンセン指数は前週末比663.17ポイント(4.7%)安の

13456.33と、9日以来で最大の下げ。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同6.9%安の7900.09で、下落は昨年11月6日以来で最大。

建設銀は4.25香港ドル。チャルコは4.56香港ドル。Cnoo cは6.2%安の7.81香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は下落。宝山鋼鉄(600019 CH)の減益決算や中国アルミ(チャルコ、601600 CH)の赤字見通 しを嫌気し、金属株が下げを主導した。

中国の製鉄最大手、宝山鋼鉄は2.5%安。同社の2008年通期 決算は、製品価格下落で在庫の評価額も下がったことから、49%減 益となった。アルミ生産で中国最大手のチャルコは3.8%下落。同社 は、09年1-3月(第1四半期)が赤字になるとの見通しを明らか にした。一方で証券株は上昇した。

フォーチュンSGAMファンド・マネジメントのガブリエル・ゴ ンダード副最高投資責任者(CIO、上海在勤)は「企業利益は、ほ とんどが期待外れな内容だ」と指摘。「今年は企業収益の減少と利食 い売りが、株価上昇を抑える圧力となるだろう」との見方を示した。

上海証券取引所のA株と外貨建てB株の双方に連動している上 海総合指数は前週末比16.40ポイント(0.7%)安の2358.04で終 了。この日は上昇と下落が少なくとも10回入れ替わる方向感のない 展開だった。今月は13%高となった。上海証取と深セン証取の人民 元建てA株に連動しているCSI300指数は0.6%安の2484.49。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス指数は約3カ月で 最大の下げとなった。ガイトナー米財務長官が29日に、一部の米銀 には大規模な政府支援が必要となるとの見通しを示したことを受け、 金融株が売られた。資源株も安い。

インド2位の銀行、ICICI銀は12%下げ、同最大手のイン ドステイト銀行は9.1%下げた。世界的なリセッション(景気後退) でエネルギーと原材料への需要が低下するとの観測から、国内最大の 製油所を保有するリライアンス・インダストリーズと、製鉄大手タ タ・スチールを中心に資源株が下げた。

ボンベイ証取のセンセックス30種指数は前週末比480.35ポ イント(4.8%)安の9568.14と、1月7日以降で最大の値下がり となった。

ICICI銀(ICICIBC IN)は338.10ルピー、インドステイ ト銀行(SBIN IN)は1022.35ルピー。リライアンス(RIL IN) は2.1%安の1516.45ルピー、タタ・スチール(TATA IN)は12% 下げ196.35ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比67.9ポイント(1.9%)安の

3604.4。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比40.05ポイント(3.2%)安の

1197.46。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比184.65ポイント(3.4%)安の

5206.05。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比72.52ポイント(4.2%)安の1673.14。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前週末比16.09ポイント (1.8%)安の869.34。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比11.21ポイント(2.5%)安の

429.60。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比43.65ポイント(3%)安の

1419.09。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比17.14ポイント(0.8%)安の

2023.11。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE