中国人民元:4日続落-当局が輸出支援で元の上昇抑制との見方

中国の外国為替取引では、人民 元がドルに対し4営業日続落。当局が輸出支援のため元の上昇を抑制 するとの観測が優勢になっている。

中国国家発展改革委員会(発改委)の研究者、チャン・ヤンシ ェン氏は、2009年の中国の輸出が10%減少する可能性があるとの見 方を示した。

中信銀行の為替アナリスト、ヤン・シェンクン氏(北京在勤) は「当局は通貨バスケットではなくドルに対し、元相場の安定維持を 続けるだろう」とした上で、「輸出が落ち込んでいる上、内需に依存 した形での早急な景気押し上げも見込めない」と指摘した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元の 対ドル相場は上海時間午後5時半(日本時間同6時半)現在、前週末 (27日)比0.06%安の1ドル=6.8366元。前週末は6.8325元 だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE