みずほFG:15億ドルの永久劣後債、初回の任意償還を見送り(2)

みずほフィナンシャルグループは 30日、15億ドルの永久劣後債(年利8.375%)について、来月27日 の初回の任意償還日には償還しないと発表した。金融危機に伴う発行市 場の状況や投資家ニーズを踏まえ総合的に判断したとしている。特定の 債券の償還方針を説明するのは異例。ホームページ上に掲載した。

説明によると、永久劣後債などの資本性証券については、海外機関 投資家向けは初回に償還するが、今回のようなアジアの個人向け商品は そうしないのが一般的だという。同じく4月に任意償還が可能となる

7.5億ユーロの期限付き劣後債(年利4.75%、機関投資家向け)は、 全額償還するとしている。

--共同取材:伊藤小巻 Editor: Kazu Hirano

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE