東京外為:円急伸、米自動車大手の破たん懸念でドル売り・円買い加速

午後の東京外国為替市場では円が 急伸。経営難に陥っている米自動車大手の追加支援問題について、米政 府当局が破産法申請の可能性に言及したため、米景気の先行き懸念から 円買い・ドル売りが活発化している。

円は対ドルで一時、1ドル=97円4銭まで上昇。午前に付けた日 中安値(98円32銭)からは1円以上円高が進んでいる。

円は対ユーロでも1ユーロ=129円ちょうどを突破し、一時、128 円29銭まで上昇。128円台を付けるのは今月19日以来、約1週間半ぶ りで、週後半に欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を控えて一段の金 融緩和の思惑が高まっていることも対ユーロでの円買いを後押しして いる。

米政府当局者は米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ(GM) とクライスラーが政府の追加支援を正当化するために再建計画を全面 的に見直す必要があることを明らかにした。米政府当局者は、最終的に は破産法申請が最善の選択肢となる可能性もあるとしている。

同当局者によると、クライスラーはイタリアのフィアットと30日 以内に提携を完了した場合に限って60億ドルの支援を受けることにな る。GMは新たな計画を60日間で策定するために、政府支援を引き続 き受けることになるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE