G20:基軸通貨めぐる発言でドル安も影響限定-JPモルガン佐々木氏

JPモルガン・チェース銀行為替 資金本部の佐々木融チーフFXストラテジストは、4月2日にロンド ンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で、当 局者が新たな基軸通貨の必要性に言及した場合は、一時的なドル売り につながる展開もあり得るとの見通しを示した。

佐々木氏は、今回の金融サミットについて、新たな対策は見込み にくいとした上で、基軸通貨の議論をめぐって、「場外で発言が出た 時に、多少為替相場が反応する可能性がある」と予想。当局者がドル に変わる基軸通貨が必要だといった発言をした場合は、一時的にドル が下落する公算があるとみている。

ただ、佐々木氏は、基軸通貨はG20や国際通貨基金(IMF)が 特定の通貨を指定するのではなく、世界の貿易企業や投資家が利便性 を評価したうえで、地位が確立されると指摘。根本的なトレンドが変 わるとは考えにくいとみている。

--共同取材:曽宮一恵 Editor:Tetsuzo Ushiroyama,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

NICHOLAS REYNOLDS

+81-3-3201-8676 nreynolds2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE