河村官房長官:与党がエコカー購入助成制度を検討-「独も実施」

河村建夫官房長官は30日午前 の記者会見で、自民、公明の連立与党が追加経済対策の目玉とし て低公害車(エコカー)へ買い替える人に助成金を支給する案を検 討していると報じられていることについて「ドイツでも実施している。 日本ではどういう形がいいのかを与党側として検討されている」と述 べ、与党がドイツでも実施されている制度の導入を検討していること を認めた。

政府としての対応については「今の時点で決定したことではない が、与党としてまとめていただいて実行できるものからどんどん実行 していく」と述べ、前向きに対応する考えを示した。

28日付の毎日新聞朝刊は、エコカー購入助成案は2009年度 の時限措置として浮上し、エコカーに買い替える場合に1台当たり 30万円程度を給付する案を軸に検討していると報じた。共同通信も 同日、公明党の追加経済対策案として、エコカー購入には30万円 の助成に加え、10年以上使用した車を廃棄処分にする場合は10 万円を上乗せると報道している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE