【コラム】ガイトナー氏は米財務長官にふさわしいか?-A・ハント

ティモシー・ガイトナー氏(47) が昨年11月に米財務長官に指名された際、同氏は超党派的な称賛を 浴び、株式相場は急騰した。

去り行く当時のポールソン財務長官が「格別の尊敬の念」を表し たガイトナー氏については、フランク下院金融委員長が「非常に有能」 「市場に安心を与える」人物だと評し、現在の金融危機を予測した米 ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授も「実践的で思慮深く、 財務省にふさわしい偉大なリーダーだ」と称賛した。

あれから4カ月。多少白髪が増えたかもしれないが、ガイトナー 氏の資質や適性に変わりはない。にもかかわらず、同氏が財務長官を 辞任するかどうかというばかげた観測で市場は混乱した。その大部分 は政治的な駆け引きもしくは彼の上司、つまりオバマ大統領に向けら れた一種の当て付けだ。

米上院銀行委員会の共和党重鎮、リチャード・シェルビー議員(ア ラバマ州)は最近、ガイトナー財務長官は「長くはもたない」と発言。 民主党側からもトム・ハーキン上院議員(アイオワ州)が財務長官は ウォール街(米金融界)の宣伝マンだと発言した。

ガイトナー財務長官への攻撃は、国際通貨基金(IMF)勤務時 代の納税漏れが発覚してから始まった。その後、2月10日に概要を 公表した金融安定化策が具体性に欠けると批判され、ホワイトハウス の大統領の側近らは、テレビ出演の存在感不足に不満を漏らしている。

非現実的な期待感

こうした批判にはあまり説得力がない。納税漏れは不注意が原因 で、不正行為ではなかった。金融安定化策の概要については、非現実 的な期待感が高まり過ぎていた。テレビ出演ぶりは堂々としたもので はないが、ロバート・ルービン氏が財務長官に就任したときもそうだ った。

ガイトナー氏はまた、米保険大手アメリカン・インターナショナ ル・グループ(AIG)の経営幹部へのボーナス支給問題についても、 迅速に対応していないと攻撃されている。しかし、この問題が発覚し た週末にテレビに出演し、質問攻めに遭ったのはサマーズ米国家経済 会議(NEC)委員長とロマー米大統領経済諮問委員会(CEA)委 員長だった。

ガイトナー財務長官はこの2カ月で一連の包括的な対策を公表。 そのなかには、大手金融機関のストレステスト(健全性審査)や中小 企業向け融資、住宅購入者対策、官民合同の不良資産買い取り策、金 融規制改革案が含まれる。

財務長官はサマーズNEC委員長と毎日会合を持っているほか、 大統領ともほぼ毎日会っている。バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長とも1日に何度も話し、週平均2回の議会証言もこな している。7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)や20カ国・地 域(G20)財務相・中銀総裁会議でのオバマ政権の顔でもある。

ガイトナー氏がいなければ

オバマ大統領がガイトナー財務長官ないし、サマーズNEC委員 長抜きで、現在の危機に直面している状況を想像してほしい。どんな ミスをしたとしても、彼らは大恐慌以来最悪の金融危機に対処する上 で、比類ない立派な資格を有している。

大統領選の後、サマーズ氏とガイトナー氏のうち、どちらを財務 長官に据え、どちらをNEC委員長にすべきかという議論が政権内部 で巻き起こった。サマーズ氏が財務長官に就任する案が退けられたの は、女性に関する以前の発言が問題になると懸念されたことや、オバ マ大統領が新しい顔を求めたことが理由だ。

そして、当時ニューヨーク連銀総裁だったガイトナー氏ほど経験 と訓練を積んだ人物はいなかった。同氏はロバート・ルービン氏やサ マーズ氏が財務長官を務めた時代に財務省高官として活躍し、内外の 経済問題に精通し、市場に対する感覚も鋭敏だ。ホワイトハウス以外 で最もきつい仕事に適した知性と性格を兼ね備えた人物で、公務に対 する昔ながらの情熱も持ち合わせている。

政界からたたかれながらも、ガイトナー財務長官はその仕事ぶり や人柄、周りを落ち着つかせる自信などが周囲から支持を集めている。 サマーズNEC委員長との間に対立があるとの観測は、両氏に近い人 物らが否定。側近らによれば、オバマ大統領はガイトナー氏を公私に わたって称賛しているという。

金融安定化策や規制改革が機能するかどうかが、ガイトナー財務 長官の功績を最終的に決定付けることになるだろう。この見通しにつ いて、ノーベル経済学賞受賞者らの意見は一致しておらず、一部の著 名投資家からは前向きな声が聞かれる。わたしが個人的に知っている 洞察力の鋭い3人は実際にはよく分からないとしながらも、1人はプ ラスの見方に傾き、1人は多少マイナスに、残る1人はさっぱり分か らないとしている。

エマニュエル米大統領首席補佐官は下院議員を務めていた昨年 夏、オバマ氏が大統領に選出されれば、ニューヨーク連銀総裁を財務 長官に指名するだろうと予言し、そうなればどんなに賢明な人選だろ うと語っていた。

可能性はまだ残っている。 (アルバート・ハント)

(ハント氏はブルームバーグ・ニュースのコラムニストです。コ ラムの内容は同氏自身の見解です)

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE