中国石油化工:1-3月50%超の増益の公算-規制緩和や原油安で

アジア最大の製油会社、中国石 油化工(Sinopec)は、1-3月(第1四半期)の利益が 50%余り増加する可能性があるとの見通しを示した。前年同期の利益 は67億元だった。中国政府が燃料価格規制を緩和したのに加え、原 油コストが低下した。

同社が29日香港で発表した2008年通期決算を基にブルームバー グが算出した08年10-12月(第4四半期)の純利益は、前年同期比 98%増の133億元。07年以来で最大の増益率となった。通期利益は 47%減の298億元で、アナリスト21人の予想中央値250億元を上回 った。

Sinopecは発表資料で、ガソリンとディーゼル油の価格設 定で新たな制度が導入されたため、製油所での「数年にわたる損失」 を解消するだろうとの見通しを示した。

08年通期決算から1-9月分を差し引いて算出した第4四半期 利益を確認するためSinopecの広報担当者、黄文生氏の携帯電 話に連絡したが、つながらなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE