米当局:財政出動目標重視の姿勢が後退、今週開催のG20-WSJ

【記者:Chris Peterson】

3月29日(ブルームバーグ): 米紙ウォールストリート・ジャーナ ル(オンライン版)は29日、ロンドンで今週開催される20カ国・地域 (G20)首脳会合(金融サミット)では、米当局者が景気刺激のための 財政出動の目標を重視する姿勢を後退させ、代わりにタックスヘイブン (租税回避地)に関する新規則や世界的な金融規制の協調に重点を置く 方針だと伝えた。

ホワイトハウスのマイケル・フロマン次席補佐官(国際経済担当) は記者団に対し、財政出動の具体的な目標は絶対的なものではないと指 摘。その上で、経済成長の下支えを図るためどんな措置を取るべきかに ついてG20財務相・中央銀行総裁会議の準備会合で話し合われた内容を、 首脳会合が支持する見通しだと強調した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE