英バークレイズ:資産保証制度の利用見送りへ、資産審査受け-関係者

英銀3位のバークレイズは追加の資 本調達を行う必要はないとする金融当局の判断を受け、政府の資産保証 プログラムの利用を見送る方針だ。事情に詳しい関係者1人が29日明ら かにした。

同関係者が協議は秘密だとして匿名を条件に語ったところでは、バ ークレイズは資産保証プログラムの期限である31日までに同行の決定 を財務省に伝える。取締役会は最終判断を下していないという。

MFグローバル・セキュリティーズのアナリスト、サイモン・モー ガン氏(ロンドン在勤)は、バークレイズは「コストが高くつくので資 産保証プログラムを利用しないことが妥当」だろうと指摘。英銀ロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)とロイズ・バ ンキング・グループは、「高い代償」を支払ってこの制度を利用している と述べた。

バークレイズの27日の発表によると、英金融サービス機構(FSA) はバークレイズの資産を審査し、世界的な金融危機が悪化しても十分な 資金が確保されていると判断した。バークレイズは財務基盤強化を図る 目的で上場投資信託(ETF)部門、ⅰシェアーズの売却も交渉中だ。 RBSとロイズは公的資金を受け入れて政府の管理下に入っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE