中国の宝山鋼鉄:08年通期は49%減益-需要落ち込み製品価格が下落

:中国最大の製鉄会社、宝山鋼鉄 が27日発表した2008年通期決算は純利益が49%減少した。通期での 減益は2年連続で、製品価格の値下がりと在庫の評価損を計上したこと が響いた。

上海証券取引所への届け出によれば、純利益は64億6000万元 (1株当たり0.37元)と、前年の127億元(同0.73元)を下回った。 ブルームバーグ・ニュースがアナリスト18人を対象に行った調査では、 105億元(予想中央値)が見込まれていた。

世界的な景気後退に伴い、鉄鋼需要は落ち込み価格が値下がりし ており、中国の鉄鋼メーカーの08年10-12月(第4四半期)は業績 が振るわなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE