3月27日の海外株式・債券・為替市場

○米国株:反落。JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリ カ(BOA)が3月に業績が悪化したことを明らかにしたため、売 りが出た。原油・金属相場が下落したことは商品関連株に売りを誘 った。ただ、週間では米国株は3週連続で上昇した。

JPモルガンとBOAはそれぞれ大幅安。今月、両行は1-2 月の業績が黒字に転じたことを明らかにし、金融株の買いを誘った。 需要減退で原油相場が下落するとのゴールドマン・サックス・グル ープのリポートを受け、シュルンベルジェやヘスも安い。技術コン サルティング会社、アクセンチュアは収益見通しを下方修正。株価 は13%安と、2001年の上場来で最大の下げを演じた。

S&P500種株価指数は前日比2%安の815.94で終了。月初 からはなお11%高。この水準を維持すれば、月間では1991年以来 で最大の上昇率となる。ダウ工業株30種平均は前日比148.38ド ル(1.9%)安の7776.18ドルで終えた。ナスダック総合指数は

2.6%下落し、1545.20。

フェデレーテッド・エクイティ・インカム・ファンドなどを運 用するジョン・ニコル氏は「業績に対する不安がかなり強い。成長 が必要だが、現在は成長があまり見られない」と述べた。

アルコアは4月7日にダウ平均構成銘柄の先陣を切って第1四 半期決算を発表する。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想に よると、S&P500種構成企業の第1四半期業績は平均36%の減益 が見込まている。

午前に発表された3月のロイター・ミシガン大学消費者マイン ド指数(確定値)は28年ぶりの低水準近辺にとどまった。これを背 景に、S&P500種は全10セクターが下落した。

S&P500種は9日に付けた12年ぶりの安値から21%上昇し ている。今週は財務省が発表した不良資産買い取り計画が信用市場 の回復につながるとの思惑に加え、ベスト・バイなどの決算が予想 を上回ったため、週間ベースでは6.2%上昇した。

金融株

JPモルガンは前日比5.8%安。ジェイミー・ダイモン最高経 営責任者(CEO)は1、2月と比べ、「3月はやや厳しかった」 と発言した。BOA株は3.2%下落。ケネス・ルイスCEOは3月 のトレーディング収入について「その前の2カ月ほど良くなかった」 と述べた。両CEOは経済専門局CNBCとのインタビューで語っ た。

S&P500種の金融株指数は3.5%下落。米民主党下院議員が 「法外な」融資を抑制し、伝統的な30年固定金利ローンの使用を奨 励する法案を提出したことが売りを誘った。

ゴールドマンのストラテジスト、アビー・ジョゼフ・コーエン 氏は27日、ニューヨークでブルームバーグラジオのインタビューに 応じ、「今までに銀行について大量の悪いニュースが出たが、まだ これから悪いニュースが出てくるだろう」と語った。

原油・ガス探鉱世界1位のシュルンベルジェは4.4%下落。ヘ スは8.4%安。原油は3.61%安の1バレル=52.38ドル で終了した。

IT株

アクセンチュアは13%下落。利益と売上高の見通しを下方修正 した。リセッション(景気後退)下で受注が抑制されていることが 理由。

S&P500種の情報技術(IT)株指数は2.7%安と、3週間 ぶりの大幅安。年初からでは4.9%高と上昇率首位を維持している。

アマゾン・ドット・コムは4.3%下落。ゴールドマンはアマゾ ンを「コンビクションバイ(強い買い推奨)」リストから外した。 株価に割安感がなくなったことが理由。

ビクトリー・キャピタル・マネジメントのファンドマネジャー、 マイケル・コスバ氏は「株式投資家が懸念するような逆風はまだ十 分あり得る。最近の急速な上昇を考えれば、少し売りが出るのは妥 当だ」と述べた。

消費関連株

2月の個人消費支出(PCE)は伸びが1月から減速した一方、 個人所得は減少した。家庭用品小売りのベッド・バス・アンド・ビ ヨンドのほか、スターバックスやハーレー・ダビッドソンが大幅安 となり、構成するS&P500種の消費財・サービス株指数は2.1%下 落した。

一方、ゼネラル・モーターズ(GM)は6.2%高と、ダウ平均 の構成銘柄で最も上昇した。同社は欧州オペル部門への出資者を 模索するため、コメルツ銀行を起用した。事情に詳しい関係者2人 が26日明らかにした。

NYSEユーロネクストによると、上場全銘柄の信用売り残高 は13日現在で161億株と、リーマン・ブラザーズ・ホールディング スが破産申請した昨年9月15日以来で最高に達した。

○米国債:米国債相場は週ベースで下落。株式市場の堅調と過去最 大の米国債入札(総額980億ドル)が圧迫要因となった。

米連邦準備制度理事会(FRB)は27日、75億ドルの米国債 を買い取った。初回の買い取りと合わせて今週は総額150億ドルの 買い取りを実施、米国債相場の下値を支えた。同プログラムは期間 6カ月で最大3000億ドル購入する。米国株式市場ではS&P500種 株価指数が週間ベースで6.2%上昇した。

スタイフェル・ニコラスのボルティモア部門で政府債トレーデ ィング責任者を務めるマーティン・ミッチェル氏は、「今週の値動 きにはやや失望させられた。米連邦公開市場委員会(FOMC)が 量的緩和を発表してからの値上がり分の半分は消えてしまった」と 述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク 時間午後3時15分現在、10年債利回りは前週末比13ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇して2.76%。10年債(表面 利率2.75%、2019年2月償還)価格は1 4/32下げて99 29/32。

一方、30年債利回りは前週末比2bp低下し3.65%。30日の 次回FRB買い取りでは30年債が対象になることから、買いが入っ た。

キャンター・フィッツジェラルドの金利責任者、ブライアン・ エドモンズ氏(ニューヨーク在勤)は、「来週は30年債が買い取ら れることから、相場は明るい展開になってきた」と述べた。

買い取りプログラム

メリルリンチの米国債マスター指数によると、26日までの1週 間の米国債リターンは0.2%のマイナスだった。

年初来の米国債のパフォーマンスは1996年以降で最悪。リセッ ション(景気後退)脱却を図るためにオバマ政権は過去最大の米国 債発行を進め、市場ではインフレ加速の懸念が強まっていることが 背景。メリルリンチの指数によると、第1四半期の米国債リターン は1.9%のマイナス。1996年第1四半期の2.3%マイナス以来で最 悪のパフォーマンスになっている。

FRBは来週、2026年8月から2039年2月に償還期限を迎え る米国債を30日に、2012年5月から2013年8月に償還期限を迎え る米国債を4月1日に、2013年9月から2016年2月に償還期限を 迎える米国債を同月2日に買い取る。

「力ずくで金利押し下げ」

FRBが消費者の借り入れ金利の押し下げを図る中、住宅ロー ン金利は低下。フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)が26日発 表したところによると、30年物固定金利は今週4.85%に低下し、同 社が記録を開始した1971年以降で最低を記録した。

ゴールドマン・サックス・グループの推計によると、今年の国 債発行額はほぼ3倍に増加し、過去最大の2兆5000億ドルに達する 見通し。

ウェルズ・ファーゴ・キャピタル・マネジメント(ミルウォー キー)で約30億ドルの資産を運用するジェイ・ミューラー氏は「F RBは短期的には力ずくで利回りを押し下げることができるが、将 来に代償を支払うことになるのではないかと私は心配だ」と述べた。

市場のインフレ期待の目安である10年債と同年限のインフレ 連動債(TIPS)の利回り差は、過去5カ月で最大の1.50ポイン トに拡大。それでも5年間平均の2.27ポイントは下回っている。

○NY外為:ドルと円が上昇。欧州のリセッション(景気後退)深刻 化の兆しを受け、ユーロとポンドの売りが優勢となった。

ユーロは対ドルでほぼ3カ月ぶりの大幅下落。欧州連合(EU) 統計局(ユーロスタット)が発表した1月のユーロ圏鉱工業新規受 注の大幅減少が嫌気された。リセッションの深刻化を受け、欧州中 央銀行(ECB)は国債買い取りの検討を迫られるとの観測が強ま った。ポンドも1週間ぶり安値まで下落した。

UBSの通貨ストラテジスト、ブライアン・キム氏(コネティ カット州スタンフォード在勤)は「これからも安心感を求めてドル が買われるだろう。ここ数週間に発表された欧州の経済指標はかな り弱く、ECBが政策変更しないという見方は説得力を欠いている」 と指摘した。

ニューヨーク時間午後4時23分現在、ユーロは対ドルで1ユー ロ=1.3292ドル。一時は2%下げ、1ユーロ=1.3257ドルと、日中 取引としては1月9日以来の落ち込みとなった。週間ベースでは

2.1%安。一方、円は対ユーロで2.5%上げ、1ユーロ=130円15銭 (前日は同133円52銭)。ドルは対円で0.8%下げ、1ドル=97円 92銭(前日は同98円71銭)。

ポンドは対ドルで3日続落。英政府統計局(ONS)が発表し た2008年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)確定値 が前期比1.6%減と、予想を下回ったことがきっかけとなった。こ の落ち込み幅はサッチャー元首相の1期目に当たる1980年代以降 で最大。

英GDP統計に当惑

三菱東京UJF銀行グローバル為替調査部門欧州責任者のデレ ック・ハルペニー氏(ロンドン在勤)は「英GDP統計が下方修正 されたことで市場はやや不意を突かれる格好となった。市場参加者 はどちらかと言えば上方修正を織り込んでいた」と指摘した。

ポンドは対ドルで一時1.3%下げ、1ポンド=1.4269ドルと、 3月19日以来の低水準を付けた。四半期ベースでは1.7%下げ、2005 年以降で最長の3四半期連続安を記録した。ポンドは対ユーロでは

0.7%上げ、1ユーロ=92.96ペンス。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が発表した1月の ユーロ圏鉱工業新規受注は前年比34%減少、同統計が開始された 1996年以来の大幅減少となった。

ブルームバーグによると、1-3月期はノルウェー・クローナ が対ドルで5%上昇し、主要通貨の中で最も堅調に推移した。原油 相場の上昇が背景となった。

ニュージーランド・ドル

ニュージーランド・ドルとオーストラリア・ドルは米ドルに対 して月間ベースで14%、8.3%とそれぞれ上昇、いずれも約20年ぶ りの高値となりそうだ。商品価格の上昇が背景となった。ニュージ ーランド・ドルは3月に、2008年2月27日に付けた高値からの下 げ幅を24%戻している。

ステート・ストリート・グローバル・マーケッツの北米戦略責 任者、ロバート・ブレーク氏(ボストン在勤)は「当社の指標から は資源国の株式市場の堅調が見て取れる。コモディティーは常にイ ンフレヘッジとしての効果があり、ノルウェー、オーストラリア、 ニュージーランドといった資源国通貨の買いに拍車がかかってい る」と指摘した。

○英国債:10年債相場が上昇。同利回りは前日比3ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)低下し3.28%となった。前週末比では 25bp下げた。昨年末時点では3.02%だった。

同国債(表面利率4.5%、2019年3月償還)価格は前日比0.25 ポイント上げ110.26。一方、2年債利回りは1.28%と、前日を1b p上回った。週間ベースでは5bpの低下。

英公債管理局(DMO)は来週、2015年と39年償還の国債57 億5000万ポンドを入札する。

英政府統計局(ONS)が27日発表した2008年10-12月(第 4四半期)の国内総生産(GDP)確定値は前期比1.6%減となっ た。ブルームバーグ調査では改定値と変わらずの1.5%減と見込ま れていた。

○欧州債:ドイツ2年債相場が週間ベースで2週連続高となった。 27日発表されたドイツのインフレ率の下げ幅が予想を上回ったほか、 欧州中央銀行(ECB)当局者が借り入れコスト引き下げに向けて 債券を買い取る可能性があると発言したことが材料。

独2年債利回りはほぼ1カ月ぶりの大幅低下となった。ドイツ 連邦統計庁の発表によれば、3月の同国の消費者物価指数は前年同 月比0.5%上昇し、ブルームバーグがまとめた市場調査の0.7%上昇 を下回った。ECBのパパデモス副総裁は26日、現行よりも長期の 資金供給を実施するほか、社債を買い取る可能性があると語った。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バ ンキングの債券ストラテジスト、コーネリアス・パープス氏は、「E CBは量的緩和策に対して心を開きつつあり、デフレリスクや社債 の買い取りに言及している。これは大きな1歩前進だ」と語った。

ロンドン時間午後5時10分現在、独2年債利回りは前週末比 11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し1.30%となっ た。同国債(表面利率1.25%、2011年3月償還)価格は0.21ポイ ント上げ99.90。年初来では46bp低下しており、このままでいけ ば四半期ベースで3期連続の低下となる。

独10年債利回りは3.10%と、前日から3bp下げた。

ニューヨーク・ニューズルーム

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE