3月独消費者物価指数: 0.4%上昇-99年6月来の低い伸び(2)

ドイツ連邦統計庁が27日発表 した3月の同国の消費者物価指数(速報値)は、欧州連合(EU)基 準で前年同月比0.4%上昇となった。エネルギー価格下落とリセッシ ョン(景気後退)深刻化の影響で、インフレ率は2月の1%から低下 し、1999年6月以来の低水準となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、3 月の指数は0.7%上昇(19人の中央値)と予想されていた。前月比 では0.2%低下した。

IHSグローバル・インサイトの欧州チーフエコノミスト、ハワ ード・アーチャー氏(ロンドン在勤)は、「ユーロ圏全体で極度に低 調な経済活動が企業の価格決定力を一段と弱め、インフレ圧力は現在、 大幅に低下しつつある」と指摘。「ユーロ圏のインフレ率は向こう数 カ月の間に大幅に低下するだろう。年内に短期ながらデフレの時期が 訪れる公算も引き続き大いにある」と語った。

ブルームバーグが先にまとめたエコノミスト調査によれば、3月 のユーロ圏インフレ率は0.9%と、2月の1.2%から低下すると見込 まれている。欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)は3月のユ ーロ圏インフレ率速報値を31日に発表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE