銀行の悪いニュースは出尽くしていない-ゴールドマンのコーエン氏

米ゴールドマン・サックス・グ ループのストラテジスト、アビー・ジョゼフ・コーエン氏は27日、 米景気は今年後半には改善するものの、銀行業界からはまだ悪いニ ュースが出てくるだろうとの見通しを示した。

同氏はニューヨークでブルームバーグラジオのインタビューに 応じ、「米国についても世界についても、問題はまだ決して終わっ ていない」とした上で、「今までに銀行について大量の悪いニュー スが出たが、まだ出てくると考えている」と語った。

米経済については、悪いなりに改善しているもようだとして、 政府の景気対策の効果が浸透するにつれて年末までにはプラス成長 に転じる可能性があるとの見方を示した。

S&P500種株価指数は今月9日に12年ぶり安値を付けた。コ ーエン氏は、株価は1カ月ほど前に安くなり過ぎたとして「リセッ ション(景気後退)はそのさなかにあるときは厳しく辛いが、いつ かは終わるものだ」と述べた。

コーエン氏は、同株価指数の期間1年の適正水準は26日終値 (832.86)に比べ23%高い1025との見方を示した。同氏は、これ は構成銘柄の「基本的な」価値に基づいた評価だと説明し、構成企 業の今年の1株当たり利益は平均で40ドル近くと予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE