香港株(終了):上昇、不動産株が主導-エスプリは急落

香港株式相場は上昇。需要回復の 兆しを背景に不動産株が上げを主導し、指標のハンセン指数の前週末 比の上昇率は昨年10月以来で最大となった。

ハンルン・プロパティーズ(恒隆地産、101 HK)は3.6%高。香 港の高級住宅価格が1-3月(第1四半期)に上昇したことを好感し た。香港の銀行システムは堅固との当局者発言を受けて中国工商銀行 (ICBC、1398 HK)も上昇した。

一方、欧州で事業展開する衣料小売りのエスプリ・ホールディン グス(330 HK)は9.9%安と急落。同業で欧州2位のヘネス・アンド・ モーリッツ(H&M)の減益に加え取締役の辞任などが悪材料となっ た。

ハンセン指数は前日比10.52ポイント(0.1%)高の14119.50。 前週末比では10%上昇し、昨年10月31日までの週以来の大幅上昇だ った。一方、ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.1%安の

8481.22。

ハンルンは18.56香港ドル。工商銀は2%高の4.19香港ドル。エ スプリは43.10香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE