【5%ルール】カルパース、米プロスペクト、チョウ・ヒジュン氏

27日確認した大量保有報告書 の主な状況は以下の通り。受け付けは各財務局。

カリフォルニア・パブリック・エンプロイーズ・リタイアメント ・システム:東洋ゴム工業(5105)株式の保有比率を6.02%から4.95 %に減らした。

プロスペクト・アセット・マネジメント:東京グロースリート投資 法人(8963)の保有比率を22.84%から21.76%に減らした。

新規事業投資:テラ(2191)の保有比率を5.87%にした。

興和:グループ全体で名糖産業(2207)の保有比率を6.02%にし た。

JVC・ケンウッド・ホールディングス(6632):自社株の保 有比率を11.29%にした。

ソフトブレーン:エイジア(2352)の保有比率を8.60%から7.09 %に減らした。

JPモルガン・アセット・マネジメント:グループ全体でCSKホ ールディングス(9737)の保有比率を7.44%から7.72%に増やした。

中小企業信販機構:ニッシン債権回収(8426)の保有比率を18.25 %にした。

ドイツ銀行ロンドン支店:グループ全体でSFCG(8597)の保有 比率を11.52%から4.70%に減らした。

三菱商事:バルス(2738)の保有比率を5.46%にした。

チョウ・ヒジュン氏:リアルコム(3856)株式の保有比率を

7.32%から8.33%に増やした。

アライアンス・バーンスタイン:グループ全体でシャープ (6753)株式の保有比率を11.03%から10.50%に減らした。

ヤフー:夢の街創造委員会(2484)株式の保有比率を40.93% から9.36%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE