日本株(終了)小幅反落、業績懸念の海運安い-高値警戒で銀行も下落

日本株相場は小幅反落。業績予想 を下方修正した日本郵船を中心に海運株が下落した。これまで相場をけ ん引してきた三菱UFJフィナンシャル・グループなど銀行株も売られ た。週末となり、急ピッチの上げに対する警戒感が強まった。

三菱UFJ投信株式運用部の高田穣チーフファンドマネジャーは、 「相場の下落局面ではベア(弱気)マーケットラリーが相当数あるもの。 ただ多くの投資家はラリーがいつまで続くかと疑心暗鬼だ」と指摘。在 庫調整が一巡し、実体以上に売られた株価が戻しているが、「最終需要 の懸念はあり、いずれ落ち着きどころを探るだろう」と話す。

日経平均株価終値は前日比9円36銭(0.1%)安の8626円97銭。 TOPIXは同2.28ポイント(0.3%)安の824.53。東証1部の騰落 状況は値下がり銘柄数870、値上がり741。業種別33指数は18業種 が下落、15業種が上昇。

一時2カ月半ぶり8800円台回復

この日の相場は買い優勢で始まり、日経平均株価は一時206円高 の8843円と、1月9日以来の8800円台を回復した。もっとも、午後 に入ると急速に上げを縮小、終了間際に下落に転じた。日本時間午後の シカゴ24時間電子取引システム(GLOBEX)指数先物が下げ幅を 拡大し、週末の米株安が警戒された。

日本株は投資家が売りを意識しやすい水準にある。日経平均がこと しの取引時間中の安値(7021円)を付けた10日から、きょうの高値 まで12営業日で1822円(26%)も上昇した。きょうの終値時点で日 経平均の25日移動平均線(7650円)からのかい離率は13%。一般に 5%以上かい離すると過熱感があると言われるが、それを大きく上回る。

野村証券投資情報部の品田民治課長は、「製造業を中心に内需株な ども含めて資金が循環しながら、日経平均1万円を目指す展開」を予想 しているものの、「上昇ピッチが速いうえ、週末で調整が入りやすい状 況だった」とも指摘した。

ブルームバーク・データによると、10日から前日までの業種別上 昇率は1位がその他金融(46%)、2位は証券(34%)、3位が不動 産(33%)、4位が保険(31%)、5位が銀行(28%)となっており、 金融株が相場を押し上げてきた。午前はこうした業種の上げが目立った が、午後は銀行株に代表されるように上げを縮め、投資家の疑心暗鬼さ がうかがえた。

海運株が下落率1位

東証業種別33指数の下落率1位は海運指数。荷動きの鈍化などを 受けて2009年3月期の業績予想を下方修正した日本郵船が5日ぶりに 反落した。経常利益予想は前期比32%減の1360億円と、アナリスト の平均予想(1604億円)を下回った。業績の底打ち期待から株価は戻 りを試していただけに、失望感から売られた。

トヨタが08年11月以来高値

半面、輸出関連株は堅調だった。米国株高で投資家のリスク許容度 が高まり、為替相場では円安が進行。ドル・円相場は1ドル=98円前 半ばで推移し、前日の東京株式市場の終了時点(同97円78銭)から 一段の円安。トヨタは昨年11月11日以来の高値を回復し、輸送用機 器指数と電気機器指数がTOPIXの上昇寄与度1、2位を占めた。

国内の政策期待も相場を支えた。27日付の日本経済新聞が、RE ITを支援するため、官民共同の投資ファンドを設立する方向で検討に 入ったと伝え、不動産市況の回復期待が高まった。東証1部市場の値上 がり率上位にはサンシティやケネディクスなどが並び、東証REIT指 数は8%以上値上がりした。

北越紙とシャープが高い

個別では、午後に日経テレコンが、北越製紙が10月をめどに買収 すると報じた紀州製紙がストップ高。北越製紙も上昇した。また、27 日付の朝日新聞朝刊が、太陽光発電事業での業務提携を検討していると 報じた東芝とシャープも買われた。08年6月-09年2月期の9カ月累 計単独純利益が前年同期比2.7%増となった日本オラクルも高い。

半面、アミューズメント施設の収益環境が悪化して09年3月期の 純利益予想を下方修正したラウンドワンがストップ安。大和総研が投資 判断を格下げした日本アジア投資も大幅安となった。

新興市場は軒並み高

一方、新興3市場はいずれも上昇。ジャスダック指数は前日比

1.1%高の41.33、東証マザーズ指数は同1.1%高の310.05、大証ヘラ クレス指数は同0.9%高の473.01。

個別では、フェローテックなど太陽電池関連銘柄が上昇し、レーサ ムなど不動産証券化銘柄も軒並み高。自社株買いを発表したフォーサイ ド・ドット・コムはストップ高比例配分。半面、25日に開示した2010 年1月期の業績計画が市場予想値に届かなかったACCESSが続落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE