NY原油時間外:6週連続の上昇へ、株高で燃料需要増加に期待

ニューヨーク原油先物相場はアジ ア時間27日の時間外取引で小動き。週間では6週連続の上昇になりそ うだ。株高で信頼感が回復し燃料需要が増加するとの期待が高まった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限はシン ガポール時間午前9時39分(日本時間午前10時39分)現在、26セ ント安の1バレル=54.08ドルで推移している。前日の通常取引は 3%高の54.34ドルで引けた。終値としては昨年11月28日以来の高 値。年初来の上昇率は21%となった。

原油先物価格は前週末終値比で6%上昇した。企業業績が予想を 上回り、米景気が回復する兆しが出てきたことで、株式相場が上昇し た。4月11日までの4週間の石油輸出国機構(OECD)の原油出荷 は減産合意の実施を背景に、前4週間に比べ3.3%減少するようだ。

バークレイズ・キャピタルの商品販売担当責任者、ラッセル・ノ ートン氏(シンガポール在勤)はインタビューで、「市場は状況が落ち 着き、景気回復が始まるとの見方にシフトした。上昇相場を確認する には、在庫の減少を確認する必要がある。OPECの減産は実質的に 2月に始まったが、在庫に影響し始めるのは4月になるだろう」と予 想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE