マツダ:来春の新卒採用者数は6割減の120人-技能職は未定

米フォード・モーターと資本業務 提携関係にあるマツダは27日、2010年春に入社する新卒社員の採用 数を今春入社予定者に比べ6割減の120人にすると発表した。

10年度採用計画の内訳は大学・高専卒などを対象とした「技術 職」が100人(09年度入社予定250人)、大学・高専卒などが対象の 「事務職」は20人(同50人)。高校卒が主体で生産ラインで働く 「技能職」と「医務系」は未定で、後日決める予定。技能職の今春入社 予定者は360人、医務系は30人となっている。

マツダの株価午前の終値は前日比11円(6.0%)高の195円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE