OPEC月間出荷3.3%減、4月11日終了期-オイル・ムーブメンツ

石油コンサルタント会社オイル・ ムーブメンツによると、4月11日までの4週間の石油輸出国機構(O PEC)の原油出荷は減産合意の実施を背景に、前4週間に比べ3.3% 減少すると予想される。

4月11日までの4週間のOPECの原油出荷は日量2223万バレ ルにとどまり、3月14日までの4週間の2300万バレルを下回る見込 み。

オイル・ムーブメンツの創業者、ロイ・メーソン氏は英ハリファ クスからの電話インタビューで、「OPECの減産は完全履行には至 っていないが、年末までに余剰分を一掃するには十分だ。OPECに とって問題なのは、大量の余剰能力を抱え、上昇相場の中で減産実施 の維持が難しくなることだ」と指摘した。

オイル・ムーブメンツによると、OPECは昨年合意した日量420 万バレル減産の約80%を履行している。OPECは15日の総会で、 追加減産を見送った。次回総会は5月28日。

中東からの出荷は2.7%減の日量1604万バレルの見通し。4月11 日時点で海上運搬中の原油総計は4億4743万バレルと、4週間前の4 億4702万バレルからほぼ変わらずになると予想されている。

オイル・ムーブメンツは、船舶ブローカーからのタンカー用船状 況リポートと独自の集計モデルを組み合わせて原油出荷を試算してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE