米FRB:総資産2兆700億ドルに増加、TALF開始で-25日終了週

米連邦準備制度理事会(FRB) が26日発表した25日終了週のバランシスート(貸借対照表)週間報 告によると、総資産は2兆700億ドルと、前週に比べ46億ドル増加 した。

バランスシートが拡大したのは、家計や企業向け融資の促進を目 的としたターム物資産担保証券ローン制度(TALF)を開始したの が背景。TALFに基づく新規融資は47億ドルだった。住宅ローン 担保証券(MBS)の保有額は2362億ドルで、前週(2365億ドル) とほぼ変わらず。

連邦公開市場委員会(FOMC)は18日、MBSとファニーメ イ(連邦住宅抵当金庫)など政府支援機関(GSE)債を合わせた買 い取り規模を最大8500億ドル増額する方針と、最大3000億ドル規 模の米国債購入計画を発表。FRBの総資産はさらに拡大が見込まれ ている。信用逼迫(ひっぱく)解消とリセッション(景気後退)終息 に取り組むなか、総資産は過去1年間で1兆1700億ドル増加した。

FRBが企業からコマーシャルペーパー(CP)を直接購入する CP買い入れプログラム(CPFF)に基づくCP保有額は2399億ド ルと、前週の2394億ドルから増加。

商業銀行向け窓口(公定歩合)貸出残高は613億ドルと、前週末 の640億ドルから減少。プライマリーディーラー(政府証券公認ディ ーラー)向けは前週末比ほぼ変わらずの202億ドルだった。

公的管理下にある保険大手アメリカン・インターナショナル・グ ループ(AIG)への融資残高は862億ドルから858億ドルに減少。

マネーマーケット・ファンド(MMF)から資産担保CP(AB CP)を購入する制度(AMLF)に関連した融資も68億ドルと、 前週の76億ドルから減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE