中国:主要指標が成長回復示す、断固たる行動が奏功-中銀総裁

中国人民銀行の周小川総裁は26 日、中国経済が回復しているとの認識を示すとともに、景気対策が遅れ ている諸外国と比べ同国政府が「断固たる」行動を取ってきたためだと 強調した。

周総裁は、人民銀のウェブサイトに掲載された論説で、「主要指標 は経済成長の回復を示している」と指摘。中国政府は「迅速かつ断固と して効果的な措置を講じ、極めて重要な政策決定における中国の制度の 優位性を示した」と述べた。

周総裁は今週、新たな国際準備通貨の創設を提言。この呼び掛けは 中国がドル安を懸念していることや、ロンドンで来週開催される20カ 国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)でリーダーシップを握る 狙いがあることを示唆している。

謝旭人財政相はこの日、市場の信頼感向上と保護主義阻止に向け、 主要国に対し景気てこ入れ強化を訴えた。

ソシエテ・ジェネラルのアジア太平洋担当主任エコノミスト、グレ ン・マグワイヤ氏は「中国は明らかに、構想のリーダーシップと議論の 下準備という面で、他のG20諸国をリードしている」と指摘。「中国 は景気減速に対し、非常に迅速かつ熱心に対処した」と説明した。

また周総裁はこの日、各国政府は財務当局や中銀に対して、「長く 困難な承認プロセスを経ることなしに、大胆かつ迅速に行動できるよう にするため」、システミックリスク阻止に向け特別な手段を用いる権限 を付与することを検討すべきだと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE