英スタンダード銀が採用拡大へ-業界縮小時に優秀な人材を積極確保

英スタンダード・チャータード銀 行は今年、シニアマネジャーやプライベートバンキング(富裕層向け 資産運用)担当者の採用を増やす計画だ。世界的な信用危機のあおり で金融業界の失業者が28万人余りに達している状況を受け、優秀な 人材を積極的に確保する。

アジア担当最高経営責任者(CEO)のジャスパル・ビンドラ氏 は26日に香港でインタビューに応じ、「超有名コンサルティング会社 や超大手銀行などから当行に入社したいとして人材が集まってくるの は、当行始まって以来の事だ」と語り、「今年は引き続き従業員数が純 増になる見通しだ」と述べた。

ピーター・サンズCEOは17日、スタンダード・チャータード 銀の2009年1-2月の業績は「力強かった」と表明した。新興市場 で収益の大半を稼ぐ同行は、法人向け融資業務の収入が貸倒引当金の 増加を上回るペースで伸びるなかで、2008年7-12月(下期)に前 年同期比で8.3%増益を記録している。

ビンドラ氏は、同行がプライベートバンキング部門の幹部を「積 極採用」すると説明した。ただ、同部門での具体的な採用予定数は明 らかにしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE