コマツ:10年3月期営業減益5割超に、1000億円下回り減配も-日経

27日付の日本経済新聞朝刊は、コ マツの2010年3月期の連結営業利益(米国会計基準)が1000億円を 下回り、今期予想と比べて5割超の減益となる公算が大きいと報じた。 同社は一部工場の閉鎖などで固定費を削減するほか原材料価格の下落を 見込んでいるが、需要の落ち込みを補えないという。情報源は明示して いない。

報道によると、1ドル=90円台後半の為替相場を前提にすると、 来期の売上高は1兆5000億-1兆6000億円程度と、今期予想に比べ 2割ほど減りそう。来期の年間配当は今期(44円の予想)より減少す る見通しだという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE