米GM:UAW組合員7500人が早期退職に応募-低賃金雇用に道筋

米自動車大手のゼネラル・モータ ーズ(GM)は、全米自動車労組(UAW)組合員7500人が早期退職 制度に応募したことを明らかにした。これはバークレイズ・キャピタル の予想の2倍以上。早期退職はGMが米政府からの134億ドルの支援を 維持する上で必要なコスト削減策の一環。

早期退職などにより、GMには現在の組合員のコストの半分で労働 者を雇用する余地が出てくる。米政府の融資条件として、GMは人件費 を日本の自動車メーカーの米国工場並みに引き下げる必要がある。GM は2005年以来、今回を含めて3回の早期退職制度により、約6万500 人を削減している。

GMとクライスラーは存続のためには米政府から最大216億ドルの 追加支援が必要だとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE